お金を借りたいけど審査が通らない

お金を借りたいけど審査が通らない

お金を借りたいけど審査が通らない 関連記事






大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い


銀行カードローン審査や消費者金融カードローンでは審査があります。
収入や他社借入件数などで審査落ちをしてしまう場合も多いです。

審査通過率の話
大手消費者金融の審査通過率は50%といいます。
2人に1人は審査が通らないのですが、あれだけ陽気なCMをしていて、簡単にお金を借りられそうですが、実は現実は厳しいのです。
多くの申込者ががっかりしているのが現実です。
みずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンに至っては、30%といいます。
カードローン審査は、申込んでみないとわからないというのが現状で、審査落ちは案外と身近なことで、自分だけ特別ではないのです。
最近では、審査はコンピュータースコアリングシステムで簡単に行うことができます。
大手消費者金融では1時間程度で結果がわかります。

A銀行とB銀行の審査の違い
銀行カードローン審査では、あの銀行は審査が甘いと口コミがありますが、実際にはたいした違いはないです。
ところが、消費者金融では大手消費者金融とそれ以外の審査基準は全く違います。
中小消費者金融の審査と大手では審査で同じ項目は総量規制限度内と延滞者は借りられない点だけで、あとの基準は違います。
銀行では原則ブラックは対応していないのですが、それ以外では銀行口座を長年利用しているとか、住宅ローン利用者などの贔屓客などの場合は、多少審査が甘くなる?と言う程度です。
ところが、大手と中小消費者金融の違いは歴然で、中小消費者金融ではブラック対応のところも少なくないです。

大手消費者金融がだめなら中小消費者金融
審査の違いから大手消費者金融審査落ちも中小消費者金融での借り入れが可能になります。
そこで、大手消費者金融審査落ちですぐに中小消費者金融に申込に行く方は多いです。
その行動は、中小消費者金融の審査のときにバレバレなのですが、ブラック対応では本当に借りられることも多いです。
利用限度額は消費者金融では、総量規制です。
その範囲内で、延滞をしている状態でないことが大前提ですが、すぐの中小消費者金融申込をしても審査はしてもらえます。
返済能力があれば審査通過が叶うのですが、すべての大手消費者金融審査落ちが中小消費者金融での借り入れができるわけではないです。
これは単に審査対象になるというだけの話しです。
中小消費者金融でも審査落ちのケースはあり、中小消費者金融審査落ち後は債務整理しかない、借りられる金融業者は存在していないです。



▲TOPにもどる



審査落ちをしない方法?申込ブラックはご注意を


消費者金融おすすめサイトなどでは、即日融資ならここ、審査が甘いのはここと言うような条件別での紹介があります。
スピード審査や即日融資は、大手消費者金融などですが、甘い審査は中小消費者金融や街金になります。
カードローン銀行に関しては、消費者金融より審査基準が厳しいので、特に多重債務をしたい方にはお勧めできません。

審査落ちをしたくない
はっきり言って、金融業者に申込をして借りられない経験した方多いです。
すべてがブラックか?というとそうではないのです。
たまたま限度額に達している。
5万円は借りられないけれど、1万円なら大丈夫だと言うように、一概にすべてがブラック扱いではなく、たまたまその時だけの申込がNGだったということも多いです。
それでも一度審査落ちになるとテンパってしまう方もいます。
審査落ちとか、今回は借り入れができませんというアナウンスはできるだけ見たくないのですが、それなら甘い審査の中小消費者金融に行くことで、借りられる可能性は高くなります。

審査落ちになったら、まずは冷静に
A銀行審査落ち、では次にB銀行。
大手消費者金融なども違い会社に申込をしたらいいんじゃない?と思う方もいますが、これは大きな間違いです。
大手消費者金融や銀行の申込はしごはとても危険で、申込ブラックとなります。
これは、カードローン銀行とあちこちに申込をしてしまうことで、金融事故になります。
ですから、まず1社で審査落ちになったら、その原因を探りましょう。

申込書の記載ミスに注意
審査落ちは、申込の記載ミスもありますが、年収が300万円なのに30万円としてしまうなどの単純なこともあります。
信用情報では、多重債務者や債務整理者は引っかかります。
自己破産から3年程度経っていたとしても、大手消費者金融や銀行カードローン審査はNGです。
保証会社の保証は受けられません。
多重債務者もすでに2件あれば危険ですし、総量規制範囲内の借入金額になっているのも危ない。
とにかく考えられる審査落ち理由で、危ないとわかったら、暫らく申込はしないことです。

申込ブラックは半年間ブラックのまま
一度申込ブラックになったら、半年間は審査落ちが続きます。
申込をしたらすべて個人信用情報機関に記録されることになり、審査落ちなのにしつこく申込をしているお金に困った人だという判断です。
注意したら回避できることで、単純ミスの1度の審査落ちに関しては、まずは原因を考えて、大手消費者金融での借り入れが出来ないと分かれば、審査の甘い中小消費者金融に申込をしてみて下さい。
総量規制範囲内の借入額なら、申込ブラックでも借りられます。
ここは、申込ブラックOKなのです。



▲TOPにもどる



キャッシングの審査の厳しさ 完済できるかが問題


住宅ローンをしていたら、消費者金融カードローンはもてませんか?
そんな質問がありましたが、そんな事はないです。
しかし、消費者金融カードローンのキャッシングをしている時の住宅ローンの申込は審査落ちです。

住宅ローンと消費者金融
住宅ローンのような大きな借金をする時の審査はとても厳しいです。
その中で、返済負担率を確認するのにカードローンの使用確認します。
消費者金融や銀行カードローンを使用している、使用していた、で審査落ちする住宅ローンが多いです。
金融機関ではキャッシング完済をしていた方でも、お金を借りる行為に関しては厳しい審査になります。
これが教育ローンやカーローンだと、審査に通ります。

信用情報の確認
何かの金融商品に申込をした時には必ず審査をします。
住宅ローンほど大金ではないのですが、消費者金融や銀行カードローン申込のときにも審査はあります。
現在の他社借入件数などが多いと審査落ちです。
原則的には、総量規制や限度額内なら良いとされているのですが、各金融業者では、審査内容の基準があります。
公表されていないことですが、多重債務も2件程度が審査通過のポイントです。
銀行などでは、自社審査ではなく保証会社が入りますから、より厳しい内容になります。
消費者金融の総量規制も審査の甘い中小消費者金融でも厳守であり、キャッシングの審査は、案外と厳しいです。

返済能力の有無
金利が高いキャッシングは、15%以上になる商品がほとんどです。
住宅ローンでは1%台ですが、金額が大きいため金利も高く感じますが、キャッシングの15%というのもかなりのものです。
返済する段階になると、なかなかつらいと感じられる場合も多いです。
総量規制は年収3分の一の限度額ですが、金利分は入っていません。
多重債務者になったときに、その分を忘れて、返済が大変になる場合があります。
そして、延滞になった時、審査通過は難しいです。
個人信用情報機関でも延滞は異動情報として大問題であり、甘い審査の中小消費者金融でも審査落ち要件です。

キャッシングしたいけれど返済が大変
審査落ちしてよかったと思う方もいます。
それはほしいお金だけど、返済ができなかったかも?という方です。
返済できないときには債務整理をしたらいいやというのも一つの手ですが、最初からそんな甘い考えなら、借りないほうが良いです。
そして、結果的に審査落ちというのが妥当な判断です。
借りても債務整理をする、それは甘い考えで、今後のキャッシングにも影響が出ます。
債務整理後の住宅ローンの申込は一生できないと言われています。
金融機関と返済能力によってですが。



▲TOPにもどる



ブラックからホワイトリストを作るには?


信用情報をクリーンにする方法があります。
債務整理です。

借入額をゼロにする
債務整理は返済できない多重債務を債権者と話し合ったり、裁判所で判断をしてもらって、法的な返済を少なくしたり、ゼロにする事を言います。
金融機関としては、債務整理宣言をされたら手も足も出ないので、従うしかない場合が多いです。
それで、僕は返済が出来ないので、借金をゼロにする自己破産ができます。
晴れて自己破産ができれば、借金はなくなってしまいます。
多重債務の記録がゼロになります。
クリーンな信用情報と言いたいところですが、債務整理をしましたという異動情報は残ります。
これは金融事故であり、ブラックです。

クリーンな信用情報を継続
多重債務なしで債務整理の異動情報の状態で、キャッシング申込をしても審査落ちです。
ただ、そのままの状態を5年以上続けることで、金融情報がなくなります。
異動情報もなくなって、本物のクリーンになります。
債務整理をする時に、暫らくの間はキャッシングができませんとあります。
確かに最高10年間は借り入れやクレジットカードなども利用できないのですが、我慢をしたら、まっさらな信用情報になり、普通に銀行カードローン審査も大手消費者金融審査の保証会社の保証も通ります。

ブラックの情報が更新される
中小消費者金融では、債務整理後1年程度で借り入れができます。
その時に総量規制範囲内で、返済能力があればの話しですが、債務整理5年までまたなくても良いのです。
しかし、この記録も個人信用情報機関に行くことになり、クリーンな信用情報ではなくなってしまいます。
要するに、債務整理後大手消費者金融などで借り入れができるようになる期間のキャッシングは厳禁です。
クリーンな信用情報のためには、中小消費者金融の甘い審査でのキャッシングはしないことです。

数年間の我慢が実を結ぶ
お金がほしいから今借りたい。
だけど審査落ち。
大手消費者金融などでそうなった場合、中小消費者金融での借り入れができます。
しかし、それをしないで我慢をすることで、大手消費者金融でも銀行カードローン審査も通過ができます。
審査落ちの原因が申込ブラック、債務整理、多重債務であったとしても、審査落ち後は何も行動をしない。
多重債務者なら返済を続け、債務整理者なら中小消費者金融にいかないことです。
そうすることで、5年以上経ったときには、初めてのキャッシングの時のような真っ白な信用情報として、どこの審査も通過ができる身分になることができます。



▲TOPにもどる



信用情報の内容で審査が決まる?


キャッシングの要は信用情報です。
消費者金融でも銀行カードローンでも収入がある20歳以上(高齢者は年齢制限あり)で、在籍確認ができる勤務先があれば、あとは過去と現在の返済トラブルの確認になります。

保証会社の保証
銀行カードローン審査では、保証会社が間に入ります。
返済できない時に代位弁済をするのですが、その分審査は厳しくなります。
信用情報では金融事故である異動情報が1つでもあれば審査落ちですが、限度額に近い多重債務なども調べられます。
ある程度の高い年収が認められるのですが、過去のキャッシングで完済実績が多いのは審査のポイントになります。
しかし、過去は過去。
現在延滞をしている、1年以内に数回の延滞記録があれば審査は通らないです。

総量規制の範囲内
大手消費者金融では、年収3分の一の総量規制が決め手になります。
300万円の年収なら100万円しか借りることができません。
それも1社ではなく、多重債務であれば、合算されます。
多重債務ですでに借り入れがある方は、総量規制範囲内を限度として審査をします。
また、金額だけではなく、他社借入件数が2件以上のときには審査通過はできないことが多いです。
これらの信用情報の他に、収入が少ない、延滞しているようであれば、審査落ちです。

ブラック対応ですが
中小消費者金融の甘い審査では、総量規制範囲と延滞以外には、審査基準が甘くなります。
しかし限度はあります。
その基準は、金融業者によってちがうのですが、大手消費者金融よりは甘いのは確かです。
中小消費者金融でキャッシングができたらラッキーですが、金利は高いですし、返済できない時の取立などはヤミ金のようだと言われています。
返済しない方が悪いのですが、無理なキャッシングはしない方が良いでしょう。
中小消費者金融でも審査落ちはありますし、その後の借りられる金融業者はゼロです。
中小消費者金融のキャッシングでは、1万円など小口融資もできます。
しかし、高い金利を払ってでもそのお金は必要ですか?と確認することも必要です。
大手消費者金融や銀行カードローンのようにスピード審査でもなく、審査時間も何日もかかります。

審査落ちをしてしまったら
銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融と順番に審査申込をするのも良いですが、本当に必要なのか?
審査落ちをするということは、返答ができない人と判断されていますから、今一度現在の債務状況とお金の使い方を再確認することも必要です。
今後も繰り返すキャッシングをしなくてはならない生活の場合は、改善の必要もあり、審査落ちが絶好の見直しのチャンスと捉えるのもありでしょう。

▲TOPにもどる