審査通らない 借りれる

審査通らない 借りれる

審査通らない 借りれる 関連記事






審査通らない 借りれる カードローン

お金が必要になったとき、第一に思い出すのがTVCMでよく見かける大手消費者金融会社のカードローンではないでしょうか。
そんな頼りにしている消費者金融カードローンの審査に落ちてしまったらどうしたらいいのでしょうか・・

銀行カードローンに申し込んだらいいのでしょうか?
いえいえ、銀行カードローンのほうが保証会社が審査を行うので更に厳しいです。
消費者金融ですでに年収の三分の一まで借入してしまった人の場合では、総量規制対象外である銀行で新たに借入できる可能性はありますが、それ以外では銀行に申し込み
しても審査落ちすると思います。

審査に通らなかった理由は何なのか、まずそれを考えてみましょう。
個人信用情報機関に延滞や債務整理などのブラック情報があったのか、他社借入が多すぎたのか、他社からの借入金額が多すぎて総量規制に抵触しそうなのか、はたまた収入が極端に
少ないか安定していない、など属性の問題なのか。

一つずつ見ていくと、まず総量規制に抵触しそうな場合は消費者金融などの貸金業者ではどこに当たってみても一発アウトです。
融資を受けられる可能性があるとすれば総量規制対象外の銀行カードローンだけだと思われます。

他社借入が多いと審査に通りません。大手消費者金融や銀行カードローンの場合2社以内だとOKとも言われています。
解決策の一つとしてまとめローンに借り換えて一本化してから改めて申し込むという方法があります。

ブラック情報があったり、属性が低いことが原因の場合は審査が甘い中小消費者金融や街金に申し込みすると借入できる可能性があるでしょう。
中小の審査の厳しさはまちまちで、大手のように厳しいところもあれば、債務整理経験者や自己破産者にも融資実績がある金融業者もあるようです。
相対的には、大手のようなコンピューターシステムを使った画一的な審査ではなく、各社独自の審査基準で審査を行っており、信用情報よりも申込者の返済能力を重要視して審査結果を出すような印象です。
なので例え信用情報機関に金融事故情報があったとしても、毎月安定した収入があるのであればキャッシングできる可能性はあるわけです。

このような街金や中小のカードローン会社がどこにあるのかが気になるところだと思いますが、それはネットの情報を参考にしてください。
ネットには一般的には知られていない街金や消費者金融の口コミ情報がたくさん載っています。
消費者金融おすすめサイトや2chの消費者金融カテゴリーなども参考になります。
街金専門サイトもあるので少し勉強してみてもいいのではないでしょうか。

中小や街金にもデメリットはあって、大手や銀行カードローンよりも金利が高いです。
審査が甘いということは貸し倒れリスクが高いということで、法定金利内ではありますが上限ギリギリの高金利を取る業者も多いようです。
返済できる自信のある人だけが借りてください。

借金の問題で困っていることがあるならば、借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
プロに相談することで解決できることは多いのです。
無料匿名相談もあるので利用されてみればいいのではないでしょうか。



▲TOPにもどる



審査通らない 借りれる 消費者金融

担保が必要なしで簡単にお金が借りれる所といえば、銀行カードローンや消費者金融が思い浮かぶと思います。
しかし申し込みしてみたらあっさり断られた。
そういう人は実は多いものなのです。
それでもお金は必要な訳で、一体どこでならお金を借りられるのでしょうか。

例えばクレジットカードのキャッシング枠を使ったりローンカードでもお金を借りることは出来ます。
その枠も使い切っている場合は、クレジットカード現金化という方法があるようです。
しかしこの方法はあまりお勧めできません。
クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をして、業者にそれを買い取ってもらうことで現金が手元に来るという方法です。
しかし、この行為自体が違法である可能性が高いですし、悪徳業者に引っかかると法外な手数料を取られたり、キャッシュバックされなかったりという被害が続出しています。
なのでこの方法はやめたほうがいいでしょう。

危険な方法でお金を作ろうとするのであれば、その前に審査が甘い中小消費者金融や街金に申し込んでみてほしいと思います。
こういう危険な方法でお金を作ろうとする人は、債務整理、任意整理経験者であったり延滞情報などの金融ブラックであったり申し込みブラックであったりと、自分で審査に通らないことがわかっていて、どの金融機関からもお金を借りることが出来ないと思い込んでしまっているのではないでしょうか。

しかし、中小や街金の中には自己破産者にも貸付した実績がある業者もあるようです。 まだ諦めるのは早いのではないかと思います。
中小消費者金融の審査は大手とは違い、信用情報よりも返済能力を重要視する業者が多いようです。
あなたが毎月安定した収入があるのなら、返済能力ありと判断される可能性があります。

担保や保証人を付けることが出来るなら更に借入できる可能性は上がるでしょう。
街金の中には知る人ぞ知る老舗消費者金融会社があって、昔から大手で審査落ちした人たちの助け舟的存在になっている業者もあるのです。

しかし中小や街金にはデメリットもあります。
金利が高いことと利用限度額が低いことです。
特に金利は法定金利の上限いっぱいまで取る業者もあるので覚悟が必要です。
金利のことを考えると三井住友銀行カードローンのような低金利の銀行カードローンで借りるのがいいのでしょうが、審査がとても厳しいので仕方がありません。

もしブラック状態でもお金を借りれたら、一時的にでもお金入ってくるので一時は安心するでしょう。
ですが、いつも生活がギリギリ状態で借金の返済に追われているのであれば慢性的な金欠状態だと言えます。
もしこのような状態が続いているのであれば一度借金専門の弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。
借金問題はプロに相談することで解決できることが多いです。
無料匿名相談もあるので一度利用してみてはどうでしょうか。



▲TOPにもどる



審査通らない 借りれる 信用情報

消費者金融系や銀行系カードローンに申し込みしたけれども審査に通らなかった場合、どこか他にお金を借りれるところはあるのでしょうか?
親や兄弟に頭を下げて借りれる場合もあるでしょうから、可能ならばそうするのが一番いい方法だと思います。

他には皆さんあまりご存知ない方法だと思うのですが、生命保険の契約者貸付制度があります。
契約している生命保険の解約返戻金を担保として、生命保険会社からお金を借りることが出来るのです。
もちろん利息も支払わなくてはいけないのですが、消費者金融の金利よりは低い金利になる場合が多いので急にまとまったお金が必要になったときに利用するのもいいのではないでしょうか。

しかし、そういう手立てを持ってなくて、借りれる所がどこも思い当たらない場合はどうしたらいいのでしょうか。
審査が甘くて属性が低い人でも借りれる中小消費者金融を探すしかないと思われます。
中小や街金の利用者の殆どが大手消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちた人達なのです。

基本的に中小の審査は大手の画一的なコンピューターシステムを使った審査ではなく、各社独自の審査基準で合否を決めますので、信用情報センターに債務整理者の記録や金融トラブルの記録があったとしても、例え勤務年数が短くても、毎月安定的な収入があって返済能力があると判断されれば融資を受けられる可能性があると思います。
例えば、兵庫県姫路の老舗消費者金融アルコシステムは自己破産や債務整理の経験者にも融資実績があるとの口コミがある貸金業者です。
他にもそういった口コミがある中堅消費者金融会社は結構あるのです。
そういった情報はネットの口コミサイトに載っていますので、どうしてもお金を借りなければいけない人はそういったサイトで自分の属性でも融資してくれるような中小消費者金融や街金を探してみるといいと思います。

ただし、そういった審査が甘い貸金業者は金利が高いです。
もし上手く借りれたとしても返済できるかどうかちゃんと考えてから借りなければいけません。
また、街金探しの時にヤミ金に引っかからないように、きちんと貸金業協会登録した業者からお金を借りるように注意してください。

もし、借金返済のためにお金を借りようとしているなど、借金の問題で困っているのならば、借金専門の弁護士に相談することをおすすめします。
プロに相談することで解決できることが多いと思います。
無料匿名相談を利用してみてください。



▲TOPにもどる



審査通らない 借りれる 債務整理

お金を借りたいときに消費者金融や銀行カードローンに申し込んでも、審査で落とされてしまう人は結構いるのです。
その多くの原因が信用情報機関に延滞や債務整理などの金融事故情報、いわゆるブラック情報が記録されていることなのです。
信用情報機関とは、加盟している金融機関から登録される信用情報を登録、管理、提供して会員会社と消費者の信用取引をバックアップしています。

例えば消費者が借り入れを申し込んだ際には会員会社はその消費者の登録されている信用情報を確認して信用力を判断するのです。
これが審査の一つです。
こうすることで貸し倒れなどを未然に防ぐことができます。
信用情報機関にはクレジットカードやキャッシングの申込み、契約から新規借入、借入額、毎月の返済状況まで記録されています。
もちろん延滞や債務整理の情報も記録されます。

信用情報機関は3か所あって、日本信用情報機構(主に消費者金融と信販会社が会員となっています)と、シーアイシー(主にクレジットカード会社と信販会社が会員)、
全国銀行個人信用情報センター(銀行と銀行系カードローン会社が会員)があります。

特に全国銀行個人信用情報センターでは自己破産の官報情報を登録しており登録機関が10年と長い期間となっていて、銀行の審査が厳しいというのがここにも現れていると いった感じです。

金融会社や消費者金融側はどこか一つだけの会員になっている業者もあれば複数の機関の会員になっている業者もあるようです。
基本的に消費者金融と銀行では加盟している機関は違います。

このように、信用情報センターは我々の情報をきちんと管理していて、ごまかしようもないということがわかるので、将来のためにも借りたものはきちんと期日に返済
しなければいけないということなのです。
しかしながら、すでに記録に残ってしまっている人でも新たにお金を借りる必要があることも出てくるでしょう。

そういう時は、信用情報に事故情報が記載されていても、今現在返済していけるだけの安定した収入があれば融資をしてくれる可能性がある街金や中小消費者金融を探して
申し込むしか方法が無いと思います。
実際貸してくれるかどうかはわかりませんが可能性はゼロではないと思います。

しかし、もし借金返済のために借金しようとしているのであれば、一度借金専門の弁護士に相談してみるという方法もあります。
プロに相談すれば我々では知らない借金問題解決の方法を教えてもらえるかもしれません。
無料匿名相談もあるので利用してみることをお勧めします。



▲TOPにもどる



審査通らない 借りれる 銀行

消費者金融の審査に落ちて銀行カードローンに借入申込みしても通常審査に通るとは思えません。
なぜなら銀行の審査は保証会社が審査を行い、非常に厳しいからです。
銀行には保証会社がついていて、もし申し込み者が借入したにもかかわらず返済できずに貸し倒れた場合、保証会社が代わって銀行に返済を行います。
なので銀行カードローンの審査は保証会社が厳しく行うのです。

もし、消費者金融の審査に落ちて銀行カードローンの審査に通る場合があるとすれば、銀行は総量規制の対象外なので、それに伴うことだと思います。
例えば専業主婦の場合、収入が無いので消費者金融ではお金は借りれませんが、銀行では収入がゼロの専業主婦にも融資を行う銀行はあります。
他には、すでに他社で年収の三分の一の金額を借入している場合、総量規制に抵触するので消費者金融では借入できませんが、総量規制の対象外である銀行でならば借入できる可能性はあります。
このパターンは借入できるかどうかは審査次第のところはありますが。

以上のように例外はあっても、総じて銀行は審査が厳しいので、カードローン利用希望者は信用情報に自信がある人は銀行に申し込むといいのではないでしょうか。 銀行は金利が低いうえに借入限度額も高いのでお得だと思います。

それとは逆に信用情報に自信がなかったり、すでに複数社から借入があるような審査に通りにくい属性の人は、中小消費者金融や街金に申し込むといいと思います。
多少信用情報に傷があっても、現在の収入が安定していて返済できると判断すれば融資してくれる業者はあると思います。
もし、日常生活もままならないほどに困窮しているようなときは、借金ではなく市や社会福祉協議会に相談に行きましょう。
また、同じ借金でも生命保険に加入している人は、解約返戻金を担保に契約者貸付制度というものがあるので、まとまったお金が必要な時は利用するのもいいと思います。
ただし融資スピードは遅いと思われます。

このように、借入審査に通らない場合でも、探せば借入できる方法はあります。
しかしながら、金利が高かったり、返済のことを考えると、本当に借金しなければいけないのか今一度考えてみてほしいと思います。
借金返済のために借金しようとしているのならば、借金専門の弁護士に相談するという方法もあります。
無料匿名相談もあるので利用しやすいと思いますよ。

▲TOPにもどる