消費者金融審査を通しやすい

消費者金融審査を通しやすい

審査を通しやすい消費者金融 関連記事




絶対融資してくれる消費者金融は有るの?

消費者金融審査通しやすい

銀行でも消費者金融にでもお金を借りるときには必ず審査があるのですが、審査基準はキャッシング会社によってそれぞれ違います。 そもそもカードローンは担保なしの与信で成り立つものですから、審査なしで誰にでも融資できるものではありません。

最も審査が厳しいとされているのが銀行系で、保証会社と銀行の2つの審査に通過しなければいけません。
個人信用情報機関にブラック情報がある人は絶対に借り入れできませんし、他社借入件数は返済が滞ってない状態で2件以下でないと厳しいといわれています。

ただ、銀行は総量規制の対象外なので借入限度額は消費者金融よりも高く、年収の三分の一以下という決まりはありません。
銀行は金利が低いので審査に自信がある人にとってはありがたい存在だと思います。
次に厳しいのがCMでもよく見かける大手消費者金融で、やはり信用情報に厳しいですし、他社借入件数も3〜4件でも難しい所ではないかと思います。

大手消費者金融のいいところは審査がスピーディであることとサービスが充実していることだと思います。
無利息期間サービスなどをやっている所では上手に使えば銀行より低金利でお金を借りれることもあるでしょう。
一番審査に甘いのが中小消費者金融会社です。

自己破産の事故情報が残っている人では無理でしょうが、多少の延滞などがある人でも申し込みを受け付けている業者が多いです。
他社借り入れが多い人にはおまとめローンとして融資してくれることもあるようです。
中小消費者金融と聞いてもピンとこない人が多いでしょうが、例えば名古屋のアローや大阪のフクホーが中堅どころで、もっと小規模なところは昔でいう街金のような地域密着型金融業者を言います。

審査に自信がないけれども、どうしてもキャッシングしたいという人は銀行ではなく、中小消費者金融で申し込みすると借りれる可能性が高くなります。
自分の信用情報や年収、勤続年数などを考えてキャッシング会社を選ばなければ結果何件にも申し込むことになり、申し込みブラックとなって更に信用情報を汚すことになるのです。

どうしても融資してくれるところが見つからず、ヤミ金に誘惑されそうになったなら、そのときは借金専門の弁護士さんに相談しましょう。
債務整理には色んな方法があり、借入先の金融業者に返済の交渉を頼むこともできます。自分一人で背負おうとしないで相談してみてはいかがですか。


▲TOPにもどる



審査不要のカードローン

消費者金融審査通しやすい

お金が急に必要になったとき、すぐに借入れできるカードローンは一枚あるととても便利です。 カードローンは大きく分けると銀行カードローンと消費者金融カードローンに分けることができます。

銀行は金利が低くて総量規制対象外ということで借入限度額が高いので多くの人は銀行から融資を受けたいと思っているのではないでしょうか。
しかし、審査が厳しいので過去に金融事故を起こして個人信用情報機関にブラック情報がある人や他社借り入れが多い人は審査に通りません。

あなたが今審査不要のカードローンを探しているのであれば銀行は論外の存在で消費者金融のカードローンを考えた方がいいでしょう。
消費者金融はよくTVCMで見かけるような大手と地域に根付いた中小に分けることができ、大手消費者金融は銀行に次いで審査が厳しい所です。

信用情報に傷が無いことはもちろん、他社借入れが多すぎると審査ではねられます。
大手の何が人気なのかというと、使い勝手の良さだと思います。

審査がスピーディで即日融資可能、近くのATMからキャッシングできるし、初回には無利息期間もあり、サービス面では向かうところ敵なしといった感じです。
審査に自信がない人にとって融資を受けられる可能性が一番高いのが中小消費者金融です。中小の申込者のほとんどが銀行や大手の審査に落ちた人達で、そういう人達の助け舟的金融機関となっています。

審査の甘さ具合は各お店で違いますが、債務整理経験者や年金受給者にも融資しているお店もあるようです。
そういったお店の評判はネットで実際の利用者の口コミを探すといいと思います。

ただし、審査が甘い金融会社でも在籍確認の電話や本人確認は避けられないと思います。無職の人も融資は受けられません。
それでも審査を避けたいと思っている人にとっては、金融事故情報にも寛大な中小の業者はありがたい存在なのではないかと思います。

金利は銀行よりも大手消費者金融よりも高く設定されていますので、返済できるかどうかよく考えて借入れしなくてはいけません。
もし返済できなくて苦しい状況であるなら、債務整理の方法を借金専門の弁護士さんに相談してみるのも一つの方法です。無料相談もあるので重く考えず気軽に相談してみてください。


▲TOPにもどる



審査不要のキャッシング

消費者金融審査通しやすい

急な出費があってお金必要な時、クレジットカードのキャッシング枠を使うか、銀行や消費者金融の融資カードローンで借りるかだいたい2つの方法が考えられます。 どちらを利用するにも審査に通らなければいけないので、信用情報に事故情報がある人にとってはなかなか厳しいものです。

クレジットカードを発行元で分けると、銀行系、信販系、消費者金融系と大きく3つに分けることができ、審査に自信がない人には消費者金融系のクレジットカードがおすすめです。例えばアコムマスターカードなどがこれにあたります。

アコムマスターカードは一般的には審査が甘いと言われていてねらい目ではあるのですが、それでも無理かも・・という人は家族カードを利用するという方法があります。
例えばお父さんが持っているカード会社でお父さん本人のカードの付帯カードとして作れるので、基本審査はありません。
専業主婦など無職でも大丈夫です。

ただ、請求はお父さんに行きますし、限度額も共有となるのであまり自由には使えないかもしれません。
他に審査なしで作れるカードとしてデビットカードがあります。これは買い物したときすぐに口座から引き落とされるのでクレジットカードとは使い方がちょっと異なります。

次にカードローンについてです。カードローン会社にも審査が厳しいものと緩いものがあり、銀行系は中でも一番審査に厳しいのでブラック情報がある人には不向きです。
大手消費者金融は審査が早くてATMから借り入れでき、とても使いやすいのですが、やはり審査に自信のない人には不向きと言えます。

昔、サラ金と呼ばれていた中小消費者金融のカードローン融資であれば審査に自信がない人でも借入れできる可能性大です。
今現在、安定した収入があれば返済可能と判断して債務整理経験者にでも融資してくれる業者もけっこうあるようです。

もちろん在籍確認や本人確認の電話があるので、無職の人では借入れできませんが、審査に不安がある人向けと言えそうです。
ローンカードにも利用者によって住み分けがあるのですね。

ただ金利は銀行や大手消費者金融よりも高いです。あと、気を付けてほしいのは審査が甘い所を探してあせって闇金に手を出さないで、ということです。
闇金は審査に激甘ですが、金利が法外で借りてしまうと地獄を見ます。そうならないためにも、困ったときは借金専門の弁護士さん是非相談してほしいと思います。


▲TOPにもどる



審査なしでお金を借りたい

消費者金融審査通しやすい

審査なしでお金を借りれるカードローン会社を検索している人が沢山いるようですが、はっきり言いますがそんなものはありません。 個人信用情報機関にブラック情報があるのだとしても、それを消す方法はありません。記載情報が消えるまで待つしかありません。

どうしてもキャッシングしたいのならば審査が甘い中小の消費者金融ならば融資してくれるところがあるかもしれません。
金利が低い銀行カードローンで借りたいのは分かりますが、銀行の審査は厳しいので審査に不安がある人には向いていません。

大手消費者金融の融資カードローンも比較的審査が厳しいので、やはり信用情報がクリアな人が対象でしょう。
他社借り入れが4件以上あると審査通過は難しいといわれています。
その点中小消費者金融のカードローン融資では他社借り入れが多い人はおまとめローンになる場合があるかもしれませんが融資してくれる業者があるようです。
また債務整理などの事故情報があった人でも収入が安定していて返済可能であれば借入れ可能とする業者もけっこうあるようです。

審査が不安な人は、自分の収入と現在の借入れ状況、信用情報をきちんと把握して、自分に合った融資キャッシング方法を選択すれば審査に通る可能性がグンと上がるのです。
中小の金融業者は、昔はサラ金や街金と呼ばれていて地域密着型で、テレビCMもしていないのでどこにあるのかわかりずらいのですが、ネットの借金口コミサイトなどで探すと意外と沢山ヒットします。

しかしネット上では闇金が紛れているかもしれませんので、審査の甘さに惹かれて闇金に引っかからないよう注意してください。
また中小でも審査が緩いと言えど在籍確認や本人確認の電話はありますので、当然無職の人では借り入れできません。
もし今現在借金で生活が成り立たなくなっているのなら、新たに借入れするのではなく、借金専門の弁護士さんに相談することをお勧めします。
例えば金融業者と返済方法の交渉などもしてくれます。債務整理には色々な方法があるので、そういった相談をするのもいいと思います。


▲TOPにもどる



キャッシング審査通らない

消費者金融審査通しやすい

カードローンや金融機関からのキャッシング審査に通るか通らないかの違いはどこにあるのでしょうか。 個人信用情報機関に事故情報がある場合は審査に通らないというのは皆さんよくご存じだと思います。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので借入れ限度額が高い反面、保証会社が付いているので銀行と保証会社の2つの審査をクリアできないと融資を受けることができません。
その点、消費者金融はその会社だけの審査で結果がでます。

審査基準は信用情報だけでなく、年齢や勤務先、年収や雇用形態、健康保険証の種類などの属性も判断材料となっていて、それを細かくスコアリングして審査が行われます。
同じ年収だからと言って審査結果が同じとは限らないのです。
今までにキャッシングしていてきちんと返済している人は信用がある人と判断されるので、借入実績がある人も審査に通りやすいと言われています。
当然ですが借り入れ件数が多い人は信用できない人と判断されます。

このように審査には様々な判断材料が存在するのですが、銀行と消費者金融では基準が少し違います。
厳しさを順番付けすると、一番厳しいのは銀行、次が信販会社、次が消費者金融となります。
消費者金融会社も大手消費者金融と中小消費者金融に分けると、中小のほうが断然審査が甘いです。

中小の場合ではアルバイトや年金受給者にも融資している業者がありますし、信用情報に多少の事故情報があってもOKという所もあるようです。
過去の金融事故よりも現在の返済能力を重要視する感じです。他社借り入れが多い人も受け入れている業者もあるみたいです。
銀行や大手で審査に落ちた申込者が中小や街金で借入れするというパターンが多いですね。

このように中小や小規模金融会社のカードローン審査は大手や銀行に比べると激甘と言え、審査に自信がない人も借りれる可能性が高いのですが、当然中小でも審査に通らない人はいます。
大きな金融事故を起こしてその情報が消えてない人には中小消費者金融も融資しないと思います。そういった人を受け入れる業者は闇金の可能性があるので注意してください。

もしあなたが今、闇金でもいいから申し込みたいと思うほどの状態なのでしたら、借金専門の弁護士さんに相談することをお勧めします。
債務整理には色々な方法があるので、あなたに合った方法をきっと探してくれると思いますよ。

▲TOPにもどる